勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について! > 勃起障害(ED)の治療について考える > 勃起障害(ED)、日本の成人4人に1人っていう事実を知ってますか?【勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について!】

勃起障害(ED)の治療について考える

勃起障害(ED)、日本の成人4人に1人っていう事実を知ってますか?【勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について!】

勃起障害・ED


勃起障害(ED)の治療を考えた場合、機能性勃起障害(ED)の場合はカウンセリングなどの心理療法があり、器質性勃起障害(ED)は手術などの外科的治療が必要になるケースが多いようです。

また、治療薬には主にホルモン系(強精剤)勃起薬系(バイアグラ、レビトラ、シアリスなど)、漢方系(強壮剤)3パターンがあります。

ホルモン系や勃起薬系は即効性がある反面、利用の際には医師や専門家のアドバイスを受けた方が賢明です。

漢方系の考え方は直接性機能に働きかけるというよりも、むしろ内臓全般の働きを活発にして代謝全般の機能を高め、その結果として精力の回復を期待します。即効性はありませんが、比較的安心して利用出来ます。

日本では、1999年よりクエン酸シルデナフィル(バイアグラ)が使用できるようになり、多くの医療関連施設に於いて勃起障害(ED)に対し実地臨床の場で用いられてきています。

一般的にバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類の勃起障害(ED)治療薬が知られています。

普及率で言えばバイアグラが最も高いといえそうです。発売以来ロングセラーの勃起障害(ED)に効果がある治療薬です。


次に2004年に発売された勃起障害(ED)治療薬がレビトラです。そして最も新しいのが2007年に発売されたシアリスです。それぞれ継続時間等に若干の相違があるようですが、基本的な効果に関してはそれ程大きく変わりません。

しかし、人それぞれ服用後の効果に違いがあるようなので3種類使用して比較検討しているケースがよく見受けわれます。

一方、海外の状況を説明しますと、プロスタグランディンE1(PgE1)の20μgを含むカバージェットという海綿体自己注射法が米国で使用できるようになりました。

局所投与によりより安全で確実な勃起障害(ED)に対する治療効果を発揮する方法として見直されているようです。

バイアグラ、レビトラ、シアリス等の内服療法を第1選択肢として捉え、注射法が第2選択肢としての考えが主流となりつつあるのが現状です。





勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について!


<<ED タチのいい話、悪い話 中折れ防止にゴム製リング【勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について!】 | 勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について!トップへ



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。