勃起障害(ED)の治療について考える

勃起障害(ED)、日本の成人4人に1人っていう事実を知ってますか?【勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について!】

勃起障害・ED


勃起障害(ED)の治療を考えた場合、機能性勃起障害(ED)の場合はカウンセリングなどの心理療法があり、器質性勃起障害(ED)は手術などの外科的治療が必要になるケースが多いようです。

また、治療薬には主にホルモン系(強精剤)勃起薬系(バイアグラ、レビトラ、シアリスなど)、漢方系(強壮剤)3パターンがあります。

ホルモン系や勃起薬系は即効性がある反面、利用の際には医師や専門家のアドバイスを受けた方が賢明です。

漢方系の考え方は直接性機能に働きかけるというよりも、むしろ内臓全般の働きを活発にして代謝全般の機能を高め、その結果として精力の回復を期待します。即効性はありませんが、比較的安心して利用出来ます。

日本では、1999年よりクエン酸シルデナフィル(バイアグラ)が使用できるようになり、多くの医療関連施設に於いて勃起障害(ED)に対し実地臨床の場で用いられてきています。

一般的にバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類の勃起障害(ED)治療薬が知られています。

普及率で言えばバイアグラが最も高いといえそうです。発売以来ロングセラーの勃起障害(ED)に効果がある治療薬です。


次に2004年に発売された勃起障害(ED)治療薬がレビトラです。そして最も新しいのが2007年に発売されたシアリスです。それぞれ継続時間等に若干の相違があるようですが、基本的な効果に関してはそれ程大きく変わりません。

しかし、人それぞれ服用後の効果に違いがあるようなので3種類使用して比較検討しているケースがよく見受けわれます。

一方、海外の状況を説明しますと、プロスタグランディンE1(PgE1)の20μgを含むカバージェットという海綿体自己注射法が米国で使用できるようになりました。

局所投与によりより安全で確実な勃起障害(ED)に対する治療効果を発揮する方法として見直されているようです。

バイアグラ、レビトラ、シアリス等の内服療法を第1選択肢として捉え、注射法が第2選択肢としての考えが主流となりつつあるのが現状です。





勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について!


勃起障害(ED)に関する情報(ニュース)

ED タチのいい話、悪い話 中折れ防止にゴム製リング【勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について!】

【ZAKZAK】2010年4月23日

勃起障害・ED

勃起はするものの長続きせずに途中でなえてしまう(中折れ)という人におススメなのが、ED(勃起障害)サポートグッズとしてドラッグストアなどで売られているエラストマー素材のゴム製リング。勃起した陰茎の根元にはめて勃起を維持する補助具だ。

“男をあげる”ジーグリード・ブランドとして4種類のリングを製造販売する医薬品・医療機器メーカーのジェクス(本社・大阪市)の担当マネジャーは「固定ファンがいて、年間出荷量は約20万個。ED(勃起障害)治療薬’20や強壮剤などと一緒に併用している人もいる。ED(勃起障害)でなくても硬さをパワーアップさせたい人に愛用されている」と話す。

勃起は、スポンジ状の組織である陰茎海綿体の血管や平滑筋が弛緩(しかん)して、多量の血液が流入することでタチ上がる。が、流れ込んだ血液が静脈から逃げてしまっては勃起を維持できない。

通常、ある程度血液が流入すると、海綿体を包んでいる“白膜”が引き伸ばされ静脈を圧迫して一時的に血液の流出が妨げられる(静脈閉鎖機構)のだ。

白膜は厚さ2ミリほどの丈夫な膜で、勃起時には厚さ0・25〜0・5ミリになる。海綿体の内圧は収縮期血圧(最大血圧)近くまで上昇して、勃起が完成するといわれる。

ところが加齢で白膜の組織が弱ったり、糖尿病などで軽度ED(勃起障害)になると、静脈閉鎖機構が低下して中折れしやすくなる。それをゴム製リングの締め付けで、静脈閉鎖の働きを補ってやるのだ。

同社製品は、直径3・5センチ、厚さ1・2センチの円いゴムに楕円(だえん)形の穴が開いていて、そこを手で伸ばして陰茎の根元に装着する。陰毛の巻き込み防止カバー付きで、締め付けの強さによってノーマルとハードの2種類がある。

他にも、イボイボの付いたゴム管状のリングが2本(長さ5センチと3センチ)入ったタイプと、小型バイブレーター付きのリングがある。価格はどれも1000円前後だ。

使用上の注意は、「長時間の装着は陰茎組織をいためる恐れがあるので、使用は必ず30分以内にしてください」と同マネジャー。

 リングはどこに付けても“愛の証”なのだ。

【ZAKZAK】2010年4月23日

年間で20万個も出荷されているとは驚きです。
固定ファンというのは、どのようなデータによる根拠なのでしょうか?

アンケートによる調査とか・・・


ED(勃起障害)
男性陣の苦労がうかがえます(笑)




勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について!




勃起障害(ED)とは?

勃起障害(ED)とは何か・・・【勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について!】

勃起障害


勃起障害は最近ではEDとも呼ばれるケースがあります。EDとは、『Erectile Dysfunction』の略語です。

現在、世界中の成人男性の5〜20%が勃起障害(ED)であるという報告があります。さらにこのデータは人口の高齢化に比例してアップし、2025年にはさらに増加すると予想されています。

日本で1998年に行われた疫学調査によると、30〜79歳男性における勃起障害(ED)は約1,130万人と推定されてます。特に高齢化の進んでいる日本では今後ますます勃起障害(ED)の数は増えることが予想されています。

以前は勃起に障害がある状態をインポテンスと呼んでいました。インポテンスというドイツ語は直訳すると 性的不能という意味です。

これは人として本来備わっている能力が失われていることを意味し、こうした問題をもつ患者さんへの思いやりに欠ける言葉だということで、最近ではED(Erectile Dysfunction=勃起障害)という言葉に統一しようとする認識が広まりつつあります。

また日本性機能学会によると、セックス時に有効な 勃起が得られないために満足なセックスが出来ない状態。さらにセックスの機会の75%以上でセックスが出来ない場合を勃起障害(ED)と定義しています。




勃起障害(ED)- 勃起障害(ED)のお悩み対策について!


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。